湯の川温泉エリアを散策【動画レポート】

函館市

北海道の三大温泉郷のひとつに数えられ、古くから名湯として人々に親しまれている湯の川温泉。
今回、大会に参加する選手の宿泊エリアとしても準備されている温泉街は「函館の奥座敷」と呼ばれ、道南の歴史と自然に恵まれた名所。「日本一空港に近い温泉街」としても打ち出しており、函館空港からのアクセスはわずか10分だ。

温泉街北側の玄関口では足湯がお出迎え

アイヌ語の「ユ(湯)+ペツ(川)」が語源とされ、1653年にその歴史が始まったと伝えられている湯の川温泉。この道南エリア随一の人気宿泊&観光スポットを現地動画も交えて紹介しよう。

<朝の散策ルートにオススメ>
行楽、散策にも適した街の中心から1.5km北には、北海道で唯一の国指定文化財庭園の 函館香雪園(見晴公園)がある。
4万坪を超える広大な敷地に、和風・洋風のエッセンスがちりばめられた風景式庭園。現地に到着してからのコンディショニングを兼ね、軽くジョギングコースとして利用するのもいいだろう。

そこから東へ1km足を延ばすと日本最初の女子観想修道院である トラピスチヌ修道院 (写真下)へ。多様な文化に触れながら心身のリフレッシュを図るというのはどうだろうか。

温泉街は海岸線と隣接。遠くに函館山が鎮座するパノラマビューを楽しんだあと、どっぷり観光に浸りたいという人はサル山温泉で有名な 函館市熱帯植物園 へ足を運ぼう。名物のニホンザルの入浴シーン(12月〜翌5月)はレース時期には見られないが、この温泉街の人気スポットのひとつだ。

百聞は一見にしかず。バイクライドで立ち寄るにもオススメの温泉街の散策シーンを動画でもチェックしてみよう。

【湯の川温泉街をぶらり散策】

注目コラム 特集記事
  1. 【連載/トライアスリート新選組 ② 】いざ五稜郭へ! 戦いのトランジションとなった星型の要塞 〜 The Last SAMURAI 〜

  2. スイム会場を映像で視察しよう【動画レポート】

  3. アイアンマン&アイアンマン70.3のアスリーツチョイス・アワードが発表

  4. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ⑥】世界への扉を開いた宮塚の躍進 〜 ’88アイアンマン・ジャパン in びわ湖大会 〜

  5. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ①】トライアスロン元年。日本でアイアンマンが誕生した1985年 〜 プロローグ 〜

  6. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ④】マーク・アレン初来日。世界を目指す競技の成熟 〜 ’86アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜

  7. 北斗 → 木古内へライド。アイアンマンのフィニッシュ地点を目指してシーサイド&登坂コースを楽しもう!

  8. アイアンマンジャパンみなみ北海道の実行委員会が設立 / 2024年9月15日(日)開催に向けて始動!

  9. 2024年アイアンマン世界選手権ニース(女子レース)の出場枠獲得の新たなフロー & シリーズ全大会の男女スロット内訳を公表

  10. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ②】日本のアイアンマン夜明け前(前編) 〜 ’85アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜

  1. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ⑥】世界への扉を開いた宮塚の躍進 〜 ’88アイアンマン・ジャパン in びわ湖大会 〜

  2. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ⑤】世界のシロモト。アイアンマンで日本人初の表彰台獲得 〜 ’87アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜 

  3. 【連載/トライアスリート新選組 ② 】いざ五稜郭へ! 戦いのトランジションとなった星型の要塞 〜 The Last SAMURAI 〜

  4. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ④】マーク・アレン初来日。世界を目指す競技の成熟 〜 ’86アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜

  5. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ③】日本のアイアンマン夜明け前(後編) 〜 ’85アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜

  6. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ②】日本のアイアンマン夜明け前(前編) 〜 ’85アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜

  7. 【連載/トライアスリート新選組 ① 】 幕末の風雲児たちとアイアンマンの親和性 〜 The Last SAMURAI 〜

  8. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ①】トライアスロン元年。日本でアイアンマンが誕生した1985年 〜 プロローグ 〜

TOP