アイアンマンジャパンみなみ北海道の実行委員会が設立 / 2024年9月15日(日)開催に向けて始動!

レース情報

2024年の9月15日(日)に『アイアンマン ジャパンみなみ北海道』の開催を目指し、北海道北斗市で第1回の大会実行委員会が11月30日午後に実施された。

その後、記者会見が行われレース概要を発表。あわせて大会のスーパーバイザーに就任した宮塚英也氏(写真下)が、地元メディアやライブ配信に向けてメッセージを発している。
「日本で行われるフルディスタンスのアイアンマンは9年ぶりの開催。安心、安全な大会を実現し、参加者の皆さんには日本の大会でぜひワールドチャンピオンシップ出場権獲得を目指し、世界で活躍してもらいたいと思っています」と意気込みとともにエールを贈った。

第1回の実行委員会のあとに実施された記者会見。スーパーバイザーの宮塚氏(左)や実行委員会・副委員長の宮崎高志・北斗市商工会会長などが大会開催に向けての豊富を語った

大会実施が実現すれば、繰り返しになるがフルディスタンスの日本でのアイアンマン開催は9年ぶり。関係者に大きな期待をもたらす実行委員会となった。

開催予定地は道南エリアとなる北海道北斗市と木古内町。そのほか、実行委員会で発表された概要は下記になる。
・大会名/アイアンマン ジャパン みなみ北海道大会 2024
・開催予定日/2024年9月15日(日)※公式日程は9月13日(金)~ 9月16日(月)
・開催予定時間/競技開始 6:30 ~ 競技終了 24:00
・参加人数 (調整中)/1,500 人
要項の詳細やエントリー情報の発表は12月中になる予定。募集は ironman.com で実施されることとなる。

関連記事

注目コラム 特集記事
  1. 湯の川温泉エリアを散策【動画レポート】

  2. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ③】日本のアイアンマン夜明け前(後編) 〜 ’85アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜

  3. 坂、のち絶景! フォトジェニックな名所で厳く、楽しく脚力を鍛える!!

  4. 北斗 → 木古内へライド。アイアンマンのフィニッシュ地点を目指してシーサイド&登坂コースを楽しもう!

  5. 【連載/トライアスリート新選組 ③ 】『木古内へ!』。幕末の SAMURAI たちが歴史を創った革命の地で、IRONMAN の開拓者たちが新たな歴史を創る 〜 The Last SAMURAI 〜

  6. アイアンマンジャパンみなみ北海道 のエントリーが締め切られる

  7. アイアンマンジャパンみなみ北海道の2024年9月15日開催が正式決定 / エントリーは12月19日の午前9時よりスタート!

  8. アイアンマン&アイアンマン70.3のアスリーツチョイス・アワードが発表

  9. 【連載/トライアスリート新選組 ① 】 幕末の風雲児たちとアイアンマンの親和性 〜 The Last SAMURAI 〜

  10. アイアンマンジャパンみなみ北海道の実行委員会が設立 / 2024年9月15日(日)開催に向けて始動!

  1. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ⑥】世界への扉を開いた宮塚の躍進 〜 ’88アイアンマン・ジャパン in びわ湖大会 〜

  2. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ⑤】世界のシロモト。アイアンマンで日本人初の表彰台獲得 〜 ’87アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜 

  3. 【連載/トライアスリート新選組 ② 】いざ五稜郭へ! 戦いのトランジションとなった星型の要塞 〜 The Last SAMURAI 〜

  4. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ④】マーク・アレン初来日。世界を目指す競技の成熟 〜 ’86アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜

  5. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ③】日本のアイアンマン夜明け前(後編) 〜 ’85アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜

  6. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ②】日本のアイアンマン夜明け前(前編) 〜 ’85アイアンマン・ジャパン in びわ湖 〜

  7. 【連載/トライアスリート新選組 ① 】 幕末の風雲児たちとアイアンマンの親和性 〜 The Last SAMURAI 〜

  8. 【トライアスリートが紡ぐ IMジャパンの歴史 ①】トライアスロン元年。日本でアイアンマンが誕生した1985年 〜 プロローグ 〜

TOP